@マークを使ってお友達に返事をする

お友達の所にいって書き込みをするわけでなく、自分のページだけをみて、やるとりするという、本当にシンプル構造である、一面、誰に対してのお返事か、他の人が見ていてわかりにくいので、なんやら、@マークを使うってのが、ルールです。
ちょっとわかりにくいので、図解で説明します。


twitter @の利用
AさんとBさんはそれぞれfirend
AさんとCさんはそれぞれfirend
でも、BさんとCさんはfirendではありません。
で、それぞれ、1つずつメッセージを書き込みました。(1段目)
A,B,Cそれぞれのページでどのようにみえてるかというと、自分とお友達の発言しか見えないわけです。
(2段目)
そこで、個別のお返事に「@相手の名前」を加えます。(3段目)
お友達じゃなくて、Cさんのメッセージがわからなくても、Bさんは「あ~、これ自分にじゃないメッセージなのね」ってわかるわけです。
しかも、コメントに相手のリンクが自動的に表示されるので、便利!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ