デジタルガレージ、「ミニブログ」最大手の米社に出資

デジタルガレージ、「ミニブログ」最大手の米社に出資
インターネットビジネス支援のデジタルガレージ(DG)は「ミニブログ」サービス世界最大手、米ツイッター(カリフォルニア州)と資本・業務提携した。ツイッターに出資する一方、日本向け事業を共同展開する。ミニブログは動画共有やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に続く成長分野になる可能性があり、日本での普及を主導する。


出資額は1億円未満とみられる。DGは日本語版の開発を担当。両社はパソコンでも携帯端末でも読み書きできる日本語版サービスを来春に立ち上げる。
ミニブログは短いコメントを各利用者が自分のホームページにパソコンや携帯端末から投稿し「友だち」と共有できるサービス。ブログ(日記風の簡易型ホームページ)ではまとまった文章を掲載するのに対し、ミニブログでは「つぶやき」に近い話言葉を思いついた瞬間に載せる。
このニュースが流れてから、Twitterでは、賛否両論。
そもそも、Twitterのキャッシュポイントがいまいちなので、
DGはどこを利益としてみているんだろう?
スパマーが増えるのもやだけど、広告だらけだともっと嫌。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ